症状を把握|キウォフプラスでしっかりフィラリア予防薬~感染しないために~

症状を把握

錠剤とカプセル

トリコモナスの重な感染経路や性行為、浴室やプール、タオル、下着などです。感染経路を把握しておくことで自ら予防をすることができます。
しかし、いくら気を付けていたとしても感染してしまうことがあります。こうした場合、トリコモナスの初期症状をしっかりと確認し、速やかに病院で診察を受けるようにしましょう。

トリコモナスの初期症状は男女で違います。
女性の場合、主に2つの症状が現れます。1つ目はおりものが泡状になり、黄色く変化します。見た目でも大きく違いを知ることができますが、特にニオイも強くなります。
2つ目の症状は、性器周辺のかゆみです。健康的な状態であれば痒みを生じることはありませんが、トリコモナスになった場合には強い痒みを生じます。
男性の場合、ほとんど自覚症状がありません。尿道に感染することが多いですが、症状は軽い痒みや射精時の痛みなどです。よって、よほど性病を気にしていなければ発見できません。

感染経路に思い当たる節がない…こうした場合でも、感染しているということは知らず知らずの間に感染経路を通っています。
普段感じない痛みやかゆみがある…こうした場合には、気のせいで済ませるのではなく病院へ行くようにしましょう。
少しの違和感であっても病院へ行くことで、トリコモナスなどの性病と診断されることは多いです。病院へ行くことが送れるほど治療期間は長くなりますし、治療費も嵩んでしまいますので、早期発見早期治療をおすすめします。